2019.05.20

佛法紹隆寺様 ー晋山式に向けてー

再生工事

いよいよ晋山式が26日に迫り、

佛法紹隆寺様では着々と準備が進められていました。

 

 

こちらは今回施工させていただいた、桜寮です。

 

昔は修行僧の寮として使われていた建物だそうです。

今後は、檀信徒の皆様、また拝観に来られた方々の休憩場所になる予定です。

 

ここに新たに掲げられている、「桜寮」の扁額の裏には、

この事業を記念して、このような板が隠れています。

 

「施工」の部分に、私達の名前も載せていただきました。

このような、お寺の大切な節目に携わらせて頂いて、本当に有難い限りです。

 

 

 

 

 

 

 

入口の引き戸には、御紋が彫られた板も入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀杏の木の下には真っ直ぐに建つ廻向柱。

 

あと5日で晋山式です。

 

 

 

 

それにしても本当に見事な銀杏の木。

秋の紅葉を迎えた頃も美しいですが、

新緑の青々とした今も、とても見応えがあります。

 

 

 

 

 

佛法紹隆寺様について、更にご覧になりたい方はこちらをクリックして下さい。

 

 

 

2019.04.09

T様邸 再生工事

再生工事

T様邸再生工事 完成しました。

 

 

〈再生中〉

 

 

 

〈再生後〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外観も、大きく雰囲気が変わりました。

〈再生前〉

 

 

 

〈再生後〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この土地の厳しい寒さに備えて、

断熱材も可能な限り入れました。

 

来冬からは暖かく、快適に過ごして頂けたら嬉しいです。

 

 

ありがとうございました。

2019.04.03

T様邸 再生工事

再生工事

T様邸再生工事、完成間近です。

 

 

 

腰壁は県内産のサワラを使った板張りです。

収納以外は全てこの仕様で、どの部屋でも木の温かみを感じることができます。

 

リビングルームのみ、床は無垢板を使用しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.03.20

佛法紹隆寺様 改修工事

再生工事

5月に行われる晋山式を前に、改修工事に携わらせていただきました。

 

この佛法紹隆寺様は、私達の工場のすぐ近くの山際にあり、

秋になると大きなイチョウの木のライトアップが一際目を引き、

地元で親しまれているお寺です。

 

御朱印を頂いたり、少し休憩できる事を目的とした建物、「桜寮」の改修を行いました。

 

 

 

 

 

解体中の写真です。

 

毎回、解体の現場を見る度、

本当に大変な作業だと感じます。

 

 

 

 

コンクリートも新たに打設です。

 

 

中も外も形になってきました。

 

 

 

そして先日完成し、引渡しを終える事が出来ました。

 

 

 

5月に迫った晋山式、無事に迎えられそうです。

 

 

 

この佛法寺は大同元年(806)征夷大将軍坂上田村麿が諏訪大明神へ戦勝報告の際に、

「神宮寺」と共に開基されたと伝わります。


その後、弘法大師空海和尚により、「神宮寺」を真言宗流布の寺(真言宗をひろめる寺)とし、

当山を「真言宗の学問の道場」と草創され、信州・甲州にわたる田舎本山となったそうです。

 

広い敷地内にはたくさんの由緒ある御堂等があり、

歴史ある庭園もあります。

 

イチョウの時期はもちろん、それ以外の季節も、とても見応えのあるお寺です。

是非参拝してみて下さい。

 

佛法紹隆寺ホームページ

 

TOP ぼちぼち計画 仕事集 田からのお知らせ 田について BLOG 資料請求・お問合せ

PAGE TOP