2021.12.30

2021年 「再生」 「新築」 「移築再生」

田のさまざまな仕事

あっ という間に2021年もうすぐ終わりを迎えます。

 

田空間工作所の一年を振り返りますと、

 

一、安曇野 法蔵寺様の改修(小屋梁の再生)

二、ぼちぼち計画初の新築工事(なんと命名「ショウリョウバッタの家」)

三、築137年、代々糀と味噌を扱った旧家の、古民家移築再生

 

ぼちぼち計画「ショウリョウバッタの家」は2022年の新春に完成します。

1月に見学会を行いますので、寒い季節ですがぜひお出掛けください。

 

古民家移築再生は、着々と工事が進んでいます。

新春に建方の予定で、現在は工場で新・古の木材の墨付加工を行っています。

梁の通し長さが16mにも及ぶ大きい民家の再生。

梁組みも、二重から三重に組み合わせている古民家なので、

長年民家に携わっている設計者、大工共に知恵を絞りだしながらの作業です。

本日、仕事納めです

どうぞ、良いお年をお迎えください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021.08.23

2021 ガラス展   Mariko Seki

田のさまざまな仕事

田空間工作所に所属していました、関真梨子さんの

渡独直前のガラス展が、

「信州 ぼたんの寺」で有名な玄向寺様で開催されます。

2021年8月28日(土)・29日(日)

11:00~16:30(29日は16:00まで)

新型コロナウィルスあり、いろいろあり、

たくさんの思いを胸に、日本からドイツへと旅立つ、

まりちゃんの、一先ず日本での最後のガラス展です。

感染対策を充分に行い開催されます。

御寺様の本堂での開催は、ギャラリーで見るガラスとは

一味違う空間を感じることが出来ると思います。

どうぞ、お出掛けくださいませ。

 

2021.07.07

ー 安曇野 ー 周岳山 法蔵寺 

再生工事

安曇野にあります法蔵寺様の、寺務室の改修と

小屋裏の束柱・貫の入れ替えを行わせていただきました。

 

昭和の初め頃の改修で取り付けた天井を取外し、

昔は現しになっていた「小屋組」を煤払いしまして、

また室内に見えるようにしました。

 

建物が大きい為、再度表れた小屋組の迫力はなかなかのものです。

 

 

 

 

 

 

束柱は150角の桧ですが、写真で見ると120角くらいにしか見えません。

それほど、この建物を構成している廻りの部材が如何に大きいのかということが解ります。

 

 

法蔵寺様の魅力は本堂の他にも、庭園、山門といろいろあり、

また、定期的に庫裡で芸術展も開催されています。

美術館で見る作品とは、また一味違う雰囲気を味わうことが出来ます。

 

7月27日(火)から 安曇野涼風扇子展 が開催されます。

梅雨明けの暑さ厳しい頃になります。

涼をとりながらぜひご覧いただければと思います。

 

 

2021.06.26

田の造る椅子シリーズ

田のさまざまな仕事

田の職人が造る椅子シリーズ

 

 「栗の木ベンチ」 「古材を使ったベンチ」

 

 ご希望ございましたら作製します。

 

TOP ぼちぼち計画 仕事集 田からのお知らせ 田について BLOG 資料請求・お問合せ

PAGE TOP