2021.02.04

古民家 移築再生計画

再生工事

暮れも押し迫った昨年の12月、長野県茅野市丸山地区にありました

築137年の平屋建て古民家の解体工事を行いました。

この建物は、今年、移築再生されます。しばらくは工場で保管します。

 

代々、糀と味噌を扱った旧家でした。

大黒柱・小黒柱はケヤキ材、その他の柱は八ヶ岳のコメ栂と栗材を併用しています。

梁は地松で、通し長さは16mにも及ぶ材を使っていました。

二重から三重に組み合わせていますので、

解体→組立の順番を、番付に残す事が重要でした。

棟札がしっかり残っていましたので、

この建物の建築年月日・棟梁名もわかりました。

明治16年(1883年)11月上棟。

棟梁はとなり村の原村に住む清水市造輝一氏、

杣工棟梁も同地に住む荒木橋造氏と記されていました。

   

本年6月より、仮組立て・部材の取替等、

移築再生計画に向けての工事が始まります。

移築先は、諏訪郡富士見町です。農業もできる広い土地です。

平屋建てか、一部小屋裏を利用して2階建てを予定しています。

随時、進行状況をお知らせ致します。

 

2021.01.08

あけましておめでとうございます

田のさまざまな仕事

2021年 皆様にとりまして穏やかな一年になりますよう 

心よりお祈り申し上げます

 

さて、昨年暮れより設計施工をさせていただいております

蓼科温泉郷「音無の湯」 一部廊下、脱衣室の模様替え工事が完成しました。

老朽化が進んだ部分から順次改修を行っていました。

今年も引き続き修繕を行わせていただきます。

 

地下1000Mから湧出する源泉かけ流し天然温泉で、

心と身体を癒すのもよいのではないでしょうか。

 

 

温泉への廊下は地下のため、薄暗いイメージを一新しました。

ウィリアムモリスの「いちご泥棒」や「イチジク」を壁掛けに、

1900年代のイギリスの家具と椅子を置き、休憩の場としました。

地下250Mから自噴する蓼科の天然水を自由に飲める休憩の場です。

 

2020.12.29

2020年 「修繕」「再生」

再生工事

2020年は、田空間工作所にとりまして、修繕再生の一年となりました。

造詣が深いお施主様とのご縁がある年になりました所以です。

 

 

楽茶

JR上諏訪駅から国道20号線を茅野方面へ向かって約500Mくらい進んだところに

[鍵の手交差点]があります。

この辺り一帯は、5軒の酒造蔵や、寺院、神社、仏閣が多く残され、

悠久の時を感じられる場所です。

この交差点のとなり「横笛酒造」さんの脇の路地を入ったところに、

6年前元鉄工所を改修し「楽茶」はオープンしました。

本年、ふたたび再改修を行い、昔懐かしい純喫茶を彷彿とさせるメニューと、

地酒も楽しめる茶房へと発展的に引き継がれました。

店舗内には「鍛冶屋文庫」と命名された図書が並び、

クラシックからジャズ、ポピュラーまで楽しめる

オーディオが揃い、楽茶こだわりのコーヒー、紅茶も用意されています。

一度、細い路地に迷い込んで、ほっとしていただける時間と空間を

お楽しみくださいませ。

終わりのない改修を、田空間工作所が施工させていただきました。

 

 

 

「新築以上の民家再生」 -富士見の家-

昨年7月より、築100年の民家の再生を始めました。

工期を3期に分け、15ヶ月をかけての長丁場です。

再生は、第1期を1階部分、第2期を屋根部分、第3期を2階部分に分け、

不要な部分については減築し、修繕を行いました。

「あと100年は持たせたい」というお施主様の希望もあり、

現行法での軸組計算を行い、断熱性能もZEH基準をクリア出来るレベルで

設計を行っています。

柱は八ヶ岳の栂150角、梁は赤松、大黒柱は欅が使われていますが

煤を落とし、もう一度着色し直すと、

かなりのボリューム感がまた生まれました。

新築以上の民家再生、伝統工法の造りだす趣と

大胆な構造が現代人の心を打ちます。

 

 

 

 

 

 

 

2020.07.11

『茶房 楽茶』 店舗改修工事

田のさまざまな仕事

JR上諏訪駅からほど近い場所に、5件の酒造蔵が甲州街道国道20号線に並んで建っています。

この甲州街道の、鍵の手交差点近く、「本金」さん(ちょうど、昨年「本金酒造」さんの

工事を行わせていただきましたが)の道向かい、「横笛」さんの路地を入った場所に

「茶房 楽茶」があります。

6年前に、元鉄工所の建物を改修工事し、「茶房 楽茶」さんはオープンしました。

 

今回、内部をリニューアルすることになり、再び改修工事の施工をさせていただいています。

音楽あり、読書あり、食事とお酒が楽しめるお店にリニューアルし、再オープンします。

 

個性的で、お施主様の趣味を生かした店舗へと、発展的に改修を試みています。

工期は自由かつ終わりのない改修工事になりそうなので、

私共の方から、お盆前に完成しますと決意表明しました。

図面無し、自由に思いつくままに、我社にある古材・梁・建具を取り入れて、9月には再オープンです。

オープンの日程が決定しましたしたら、お知らせします。

 

   

           

           

 

 

TOP ぼちぼち計画 仕事集 田からのお知らせ 田について BLOG 資料請求・お問合せ

PAGE TOP